自社に覆面調査を導入|マーケティングで売上アップ

マーケティング調査の仕方

探偵

業者の実力

マーケティングの一貫として覆面調査を実施すると、想定外の結果がでるケースがあります。予想していたものとは異なるデータがでますので、マーケティングとしてとても有益な情報となります。しかしながら、自社内には覆面調査ができるリソースやノウハウを持っていない起業が多いのです。そういった会社がマーケティング調査を効率的に行おうと考えたなら、業者の力添えが必要となります。実力をもった業者は多数いますから、あなたの会社に適した業者を選ぶのが重要なのです。そこで説明するのが、業者の選定ポイントです。最も重視するべきポイントはこれまでにどんな経験を持った業者なのかを把握することです。過去にどんな業界の覆面調査を実施したのかを調査し、自社業界のノウハウがあるのかを確認しなければなりません。それを確認するには、覆面調査を行う会社の担当者に聞いてみてください。多くの企業は懇切丁寧にレクチャーしてくれます。このときの対応で、信頼できる業者かどうかを判断できます。もしこれまでの実施業界を教えてくれない場合には、その業者を選ばないほうがいいでしょう。ふたつめの点は、どんな内容をフィードバックしてくれるのかです。覆面調査では調べる内容が多岐にわたります。その調査をもとにしてどんな回答をしてくれるのかが業者の実力なのです。それを把握していれば、フィードバックないようを確認するのが大切だとわかります。これらのポイントを念頭において業者とコミュニケーションを取りましょう。

外からみた評価を得る

覆面調査は、消費者目線での店舗やサービスの評価を確認するために効果的な手法になります。調査対象となる人を選ぶことができ、商品の提供状況の確認や改善案を得るために効果的な手法となります。また、これまで訪問のなかった顧客層を店舗に呼び込み調査できる点も覆面調査の利点です。

客目線で店の実態を知る

覆面調査は、専門の調査員が客の立場で店を訪れ、サービスの内容や従業員の接客マナー等について評価を行うという調査手法です。内部調査では得られない、顧客側からの視点による店舗の実態をつぶさに知ることができます。

店舗改善の切り札

店の売上が伸び悩んでいる場合は、サービスの質や店舗環境などの点で店側の気がつかない問題が潜んでいるものです。そうした問題点を発見する手法として、一般客を装った調査員による覆面調査は店舗改善に役立ちます。自社で調査員を募集するのが困難な企業でも、覆面調査代行サービスを利用することで調査が実施できます。